イメージソングについて

「いのちの大切さ、人を思いやる心・・・。歌に想いをのせて、歌ってみませんか?」

「すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である」この第1条から始まる「世界人権宣言」 が1948年の国連総会で採択されました。

人類の多年にわたる自由や正義・平和への願いが反映された、この「世界人権宣言」の65周年の節目となった2013年、世の中から差別や偏見をなくしていく活動に取り組んでいる「京都人権啓発推進会議」では、京都府人権啓発イメージソング「世界がひとつの家族のように」を作詞家の鮎川めぐみさんと作曲家の千住明さんに制作していただきました。

この歌を一人でも多くの人の心へ届けること。そして、より多くの方々に歌ってもらうこと。さらに、その輪が京都でふくらみ、そして全国へ広がっていくことを願っています。

そして、このホームページから、歌の譜面の入手方法、様々なアーティストからのメッセージ、イベント企画、歌を広める企画をする学生ボランティアの募集、歌を制作者と一緒に合唱したいグループの募集など、様々な情報を順次公開しています!

「世界人権宣言65周年」となった2013年、音楽の持つ、人を「癒し」、人同士の「つながり」を生み出す力を活用して実施してきた、大学生による人権音楽イベント「HUMAN LIVE KYOTO」や、アーティストが人権メッセージを伝える、FM京都「Voice To You」に次いで、作詞家の鮎川めぐみさん、作曲家の千住明さんが、「お互い支え合うことの大切さ」をイメージした楽曲「世界がひとつの家族のように」を制作いただきました。だれでも、どこでも、気軽に口ずさんで、「いま、わたしたちにできること」を考えるきっかけとなることを願っています。京都人権啓発推進会議会長 京都府知事 山田 啓二

コンテンツ一覧

ページの先頭へ