守ろう 知ろう 考えよう みんなの人権

今年は、世界人権宣言70周年の年です。

1948年に国連で採択された世界人権宣言は、すべての人間が生まれながらに自由であり、尊厳と権利とについて平等であるとうたっています。
この節目の年に、宣言の意義を改めて想い起こし、一人ひとりの尊厳と人権が尊重され、だれもが自分らしく生きることの大切さについて、考えてみませんか。

 

京都府内では、これまでから、同和問題などさまざまな人権問題の解決に向けてさまざまな取組が推進されてきましたが、今なお、虐待やいじめ、インターネットを悪用した人権侵害、外国籍府民等に対するヘイトスピーチなど、さまざまな人権問題が存在しており、21世紀を「人権の世紀」とするため、人権教育・啓発の一層の推進が求められています。

このサイトでは、府民一人ひとりが人権について学び、考え、実践していけるよう、人権に関する知識や研修に役立つ情報、相談窓口の情報などを掲載しています。