〔D-83〕未来を拓く5つの扉

DVDカバー画像

法務省では、昭和56年度から全国中学生人権作文コンテストを実施し、次代を担う中学生に、身の周りで起きたいろいろな出来事や自分の体験などを題材とした人権作文を書くことを通じて、人権について考えていただいています。このビデオでは、近年の同コンテスト入賞作品の中から5編の作文を中学生でもある著名人による朗読と、アニメーションやイラストで紹介しています。中学生が作文の中でつぶやいている言葉に、あなたも耳を傾けてみてください。それが、きっと、新しい明日への一歩につながっていくでしょう。(法務省ホームページより)

映像資料情報

映像登録番号D-83
制作年度2015(H27)
人権問題分類全般、子ども、障害のある人、外国人、患者等
テーマ等全国中学生人権作文朗読
時間(分)46分
本数2
企画・製作法務省(委託・人権教育啓発推進センター)

個別情報

個別タイトル1本当の国際化とは
計画上の分類外国人
時間(分)8分
YouTubeリンクYouTubeで見る
個別タイトル2電車内に咲いた、笑顔の花
計画上の分類全般
時間(分)8分
YouTubeリンクYouTubeで見る
個別タイトル3立ち止まる
計画上の分類子ども
分類いじめ
時間(分)8分
YouTubeリンクYouTubeで見る
個別タイトル4NO!と言える強い心をもつ〜ハンセン病から学んだこと〜
計画上の分類患者等
分類ハンセン病
時間(分)9分
YouTubeリンクYouTubeで見る
個別タイトル5
計画上の分類障害のある人
時間(分)7分
YouTubeリンクYouTubeで見る

人権啓発の取組カテゴリメニュー

ページの先頭へ