〔D-67〕セクハラ・パワハラ・えせ同和行為〜あなたの職場は大丈夫?〜

DVDカバー画像

「セクシュアル・ハラスメント」や「パワー・ハラスメント」、また同和問題を口実に、企業等に不当な利益や義務のないことを要求する行為である「えせ同和行為」は、見過ごすことのできない人権問題です。企業の社会的責任(CSR)が重視される時代、人権への配慮を怠った企業は、顧客や社会から信頼を失うことになります。
このビデオでは、「セクハラ」「パワハラ」「えせ同和行為」をテーマに取り上げた3つのドラマを通じて、一人一人が人権問題に向き合い、人権について考えていくことを目的としています。(法務省ホームページより)

映像資料情報

映像登録番号D-67
制作年度2011(H23)
人権問題分類同和問題、女性、社会情勢(職場環境)
テーマ等企業における人権問題
時間(分)46分
本数1
企画・製作法務省(委託・人権教育啓発推進センター)

個別情報

個別タイトル1セクシュアル・ハラスメント
計画上の分類女性、社会情勢(職場環境)
分類企業における人権問題
時間(分)15分
YouTubeリンクYouTubeで見る
個別タイトル2パワー・ハラスメント
計画上の分類社会情勢(職場環境)
分類企業における人権問題
時間(分)14分
YouTubeリンクYouTubeで見る
個別タイトル3えせ同和行為
計画上の分類同和問題
分類企業における人権問題
時間(分)19分
YouTubeリンクYouTubeで見る

人権啓発の取組カテゴリメニュー

ページの先頭へ