〔D-127〕ウィズコロナ時代の人権問題 29分

インターネットは、情報の収集や発信、コミュニケーションの手段として日常生活を飛躍的に便利にする一方で、誤った使い方により人権侵害や犯罪など、多くの問題が発生しています。コロナ禍において、誤った認識からインターネット上で差別的な書き込みをすることのないよう、大学生向けの動画を作成しました。

 

 

  • タイトル:『ウィズコロナ時代の人権問題』
  • 対象:主として府民一般用(大学生向け)
  • 上映時間:約29分

 

映像資料情報

映像登録番号D-127
制作年度2021
人権問題分類インターネット社会における人権の尊重
テーマ等インターネット上の人権侵害
時間(分)29分
YouTubeリンクYouTubeで見る
本数
企画・製作京都府

人権啓発の取組カテゴリメニュー

ページの先頭へ