〔D-102〕障害のある人と人権 誰もが住みよい社会をつくるために

DVD表紙画像

ユニバーサル社会とは,障害の有無にかかわらず,女性も男性も,高齢者も若者も,全ての人がお互いの人権や尊厳を大切にし,支え合い,誰もが生き生きとした人生を享受することのできる社会のことです。
障害のある人もない人も誰もが住みよいユニバーサル社会をつくるためにはどうしたら良いのでしょうか。
このビデオは,障害のある人が直面する人権問題やその問題を解決するための取組などを具体的に紹介し,「障害のある人と人権」について考えてもらうことを目的としています。(法務省ホームページより)

映像資料情報

映像登録番号D-102
制作年度2018(H30)
人権問題分類障害のある人
テーマ等障害のある人
時間(分)33分
本数2
企画・製作法務省(委託・人権教育啓発推進センター)

個別情報

個別タイトル1オープニング
計画上の分類障害のある人
分類障害のある人
時間(分)1分
YouTubeリンクYouTubeで見る
個別タイトル2障害とは?
計画上の分類障害のある人
分類障害のある人
時間(分)3分
YouTubeリンクYouTubeで見る
個別タイトル3障害のある人が直面する人権問題
計画上の分類障害のある人
分類障害のある人
時間(分)14分
YouTubeリンクYouTubeで見る
個別タイトル4誰もが住みよい社会をつくるためには
計画上の分類障害のある人
分類障害のある人
時間(分)15分
YouTubeリンクYouTubeで見る

人権啓発の取組カテゴリメニュー

ページの先頭へ