戸籍・住民票等の「本人通知制度」に登録を!!

戸籍謄本や住民票の写しなどは大切な個人情報が含まれていますが、不正な使用を目的とした請求による不正取得は後を絶ちません。不正取得された戸籍等は、結婚差別や就職差別、脅迫や嫌がらせなどに使用されたことがあります。
こうした事案を抑止するため、府内の全市町村で、個人情報が記載された戸籍謄本や住民票の写しなどを第三者に交付した場合、事前に登録された方に第三者への交付の事実をお知らせする「事前登録型本人通知制度」がはじまっています。
この制度を利用するには市町村への登録が必要なことから、一人でも多くの方に登録していただけるよう作成したリーフレットです。

 

リーフレット画像リーフレット画像

戸籍・住民票等の「本人通知制度」に登録を!!(PDF形式1,008KB)

  • ご存じですか?戸籍謄本等の不正取得
  • どのような制度?
  • 制度のメリットは?
  • 登録の方法は?
  • 京都府内市町村連絡先一覧

 

各市町村の本人通知制度紹介ページリンク集(外部リンク)

京都市

福知山市

舞鶴市

綾部市

宇治市

宮津市

亀岡市

城陽市

向日市

長岡京市

八幡市

京田辺市

京丹後市

南丹市

木津川市

大山崎町

久御山町

井手町

宇治田原町

笠置町

和束町

精華町

南山城村

京丹波町

伊根町

与謝野町

 

人権啓発の取組カテゴリメニュー

ページの先頭へ