ハンセン病・感染症・難病患者等

(凡例 ◎:国際的な動き、○:国の動き、●:京都府の動き)

1953年(昭28)
○「らい予防法」制定※施設入所を強制する隔離政策が実施
1989年(平元)
○「後天性免疫不全症候群の予防に関する法律(エイズ予防法)」施行
1996年(平8)
○「らい予防法」廃止
1999年(平11)
○「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」施行
○「エイズ予防法」廃止
2001年(平13)
○「らい予防法」のもとに国が行ったハンセン病患者・元患者に対する隔離政策について、国の責任を認める司法判断
○「ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律」施行
2009年(平21)
○「ハンセン病問題の解決の促進に関する法律(ハンセン病問題基本法)」施行
2013年(平25)
○「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)」施行
※ 法が対象とする「障害者」に難病等を規定
2015年(平27)
○「難病の患者に対する医療等に関する法律(難病医療法)」施行

人権啓発の取組カテゴリメニュー

ページの先頭へ